未経験からITエンジニアに転職するための流れ【強くてニューゲームを実現】

きつねちゃん

全くの未経験だけど、ITエンジニアに転職がしたいな。
どうすれば、未経験でITエンジニアに転職できるの?

未経験からITエンジニアに転職するのは、決して簡単なことではありません。

しっかりと準備をしてから転職活動をスタートしないと、必ず失敗してしまいます。

実際、私も最初の頃は失敗続きで、結局1年以上も転職活動を続けることになりました。

失敗を重ねるうちに、

  • 前の会社を辞める前こうしておけばよかった
  • 転職活動を始める前にこんな準備をしておけばよかった

こんな後悔がいっぱい出てきましたね。

最終的には満足のできる転職ができたのですが、今思うと事前準備をもっとしっかりしてさえいれば、きっとここまで失敗が続いて苦労することはありませんでした。

そこで本記事では、未経験からエンジニアへと転職するにあたって、私が苦労の末にたどり着いた理想的な転職活動の流れについて解説していきます。

理想的な転職の流れ
  1. 情報収集をする
  2. スキルを身に付ける
  3. 転職用の書類を作成する
  4. 応募して選考を受ける
  5. 条件等の確認を行う

本記事の内容を実践すれば、私の失敗経験が「1回目の転職活動」となり、あなたはその失敗を改善した「2回目の転職活動」としてスムーズに進めることができますよ。

きつねちゃん

まさに強くてニューゲームだね!

らけ

私の失敗し続けた経験を活かして、成功を勝ち取ってください。

目次

転職についての情報収集をする

情報収集

まず転職活動を始めたら、と言うよりも転職をしようか迷ったら情報収集をしましょう。

転職活動は、とにかくスピードが命です。

そのため、実際に動き始めてから情報収集を始めるのでは遅いです。

考え始めた段階で行動に移しましょう。

具体的に集める情報ですが、最低限以下の3つは押さえておくべきです。

  • エンジニアの仕事内容
  • エンジニアに必要な知識・スキル
  • エンジニアの求人情報

それぞれの理由について解説していきます。

エンジニアの仕事内容

一口にITエンジニアと言っても、かなり幅広いです。

例えば、

  • Webエンジニア
  • サーバエンジニア
  • ネットワークエンジニア

など、様々な種類があります。

それぞれのエンジニアの仕事内容わかりますか?

断言できますが、具体的な仕事内容がわかっていないと転職活動は必ず失敗します。

きつねちゃん

今までWebエンジニアになりたいと思っていたけど、よく調べてみたら実はネットワークエンジニアの仕事だった!

こういうことも実際ありえます。

また、仕事内容がしっかり理解できていないと、面接の時に話が理解できなかったり噛み合わなかったりして、うまくコミュニケーションを取ることもできません。

そうならないためにも、仕事内容については事前にしっかりと調べて、自分が何のエンジニアになりたいのかはっきりさせておきましょう。

エンジニアになるために必要な知識・スキル

最低限の知識と、ある程度のスキルがないと、未経験からエンジニアになることはできません。

そのため、自分がなりたいエンジニアには、どんな知識やスキルが必要なのかを調べましょう。

例えば、このような感じです。

  • Webエンジニア
    → プログラミングの基礎、PHPの知識、Webサーバの知識など
  • サーバエンジニア
    → Linuxの操作方法、サーバの種類、Active Directoryの知識など
  • ネットワークエンジニア
    → OSI参照モデルの知識、ルーティングの知識、スイッチやルータの操作方法など

これらは、あくまで必要な知識のうちのほんの一部です。

他にも必要な知識はいっぱいあるので、しっかりと調べてみてください。

具体的な勉強方法については、後から解説しますね。

エンジニアの求人情報

エンジニアに必要な知識・スキルを調べるのと同時に、エンジニアの求人情報も調べておきましょう。

なぜなら、求人情報にはどのようなスキルが必要か書いてあるからです。

そのため、必要なスキルがわかるだけでなく、どの程度のスキルが求められているなのかも具体的に知ることができます。

漠然と勉強し続けるよりも、ある程度でも指標があった方がモチベーションも上がりますしね。

求人情報は転職サイトで集める

このタイミングでざっくりと求人情報を調べるには、転職サイトを使うのがオススメです。

移動中や仕事の休憩時間などのスキマ時間に調べることができるので、かなり手軽です。

情報収集が目的であれば、登録情報も最低限でいいため手間もほとんどかかりません。

本格的に求人に応募するタイミングで修正すればいいですからね。

エンジニアにおすすめな転職サイト」の記事で、おすすめの転職サイトを解説しています。

エンジニアの年収

エンジニアの求人情報を調べるとき、一緒に給料についても見ておくことをオススメします。

給料が高いからエンジニアになりたい

こう考える人もいるかと思います。

たしかにエンジニアって給料が高いイメージはありますよね?

でも、実際はそんなことありません。

特に未経験からエンジニアになった場合、給料はかなり低いというのが現実です。

そのため、年収アップ目的でエンジニアを目指そうと考えている人は、最初のうちにそのあたりもチェックしておいた方がいいですよ。

エンジニアに必要な知識・スキルを身に付ける

スキル

未経験からエンジニアになるには、最低限の知識やスキルが必須です。

情報収集で、どのような知識やスキルが必要か調べましたよね。

その情報を元に、勉強して知識・スキルを身に付けましょう。

エンジニアに転職するための勉強方法

エンジニアとしての知識やスキルを身に付けるためには、ただテキストを使って勉強するだけではダメです。

テキストを読んだだけの知識では、入社してからほとんど役に立ちませんからね。

らけ

入社したら勉強用にテキストを渡されたので、しっかり勉強してから現場に入ったのですが、現場ではほぼ役に立たなかったという経験があります。

エンジニアとして必要な知識・スキルを身に付けるためには、とにかく手を動かして身体に覚えさせることが必要です。

そのときは、

  • Webエンジニアを目指している
    → 自分でWebシステムを作ってみる
  • ネットワークエンジニアを目指している
    → 自分でネットワーク機器を設定してネットワークを構築する

このように、学んだことを形に残しましょう。

そうすることで、ポートフォリオとして転職活動で使うことができるようになります。

ポートフォリオを作成するメリット

ポートフォリオを作成することで様々なメリットがあり、転職活動を有利に進めることができるようになります。

例えば、以下のようなものです。

  • 実践的なスキルを身に付けることができる
  • 勉強した証拠になる
  • どれくらいのスキルを持っているか示すことができる

順に解説していきます。

実践的なスキルを身に付けることができる

実際に手を動かすことで、実践的なスキルを身に付けることができます。

例えば、PHPのテキストに掲示板の作り方が書いてあったとします。

そのテキストを読んだとして、1ヶ月後にPHPで掲示板を作れますか?

おそらく全く作れないと思います。

しかし、テキストを読みながら実際にPHPで掲示板を作ったとしましょう。

その場合、1ヶ月後にでも、ある程度は自力で作ることができます。

これが手を動かしている場合と、そうでない場合の差です。

エンジニアになるためには、テキストの知識ではなく、実際に手を動かすことができるスキルを求められます。

これは、ネットワークエンジニアなどの他のエンジニアでも同じです。

コマンドを知識として知っているだけでなく、実際に設定できるスキルが必要なのです。

きつねちゃん

知識だけでなく、実際に手が動かせる人になる必要があるんだね!

勉強した証拠になる

エンジニアとして転職する場合、スキルが求められます。

しかし、実務経験がない未経験者の場合は、実務としてのスキルを証明することができません。

そこで今まで勉強してきたことのアピールが必要になるのです。

ところが、口で「こういう勉強をしました」と言っても信用されません。

テキストをちょっと読んだだけでもある程度の説明はできてしまいますからね。

そんなときに役に立つのがポートフォリオです。

勉強の過程で作ったものを実際に見せてアピールしましょう。

成果物を見せることで、勉強したことの証明にもなりますし、積極性があるとも思ってもらえます。

らけ

以前、面接官に「何も作ったこともないのに、エンジニアとして採用は無理だよね」って言われたことがあります。

どれくらいのスキルを持っているか示すことができる

自分で何かしらポートフォリオとして成果物を見せることで、どの程度スキルがあるのか示すことができます。

私がWebエンジニアに転職しようと転職活動をしているとき、面接時に可能であれば毎回そのポートフォリオを見てもらったのですが、エンジニアの人に見てもらうことで毎回スキルを把握してもらうことができました。

そうすることで、会社が求めているスキルを満たせているのか判断してもらうことができるので、入社してからでも安心です。

もし、ポートフォリオを見せず口頭でのやり取りだけの場合、実際レベルが10しかないにも関わらず、20くらいあるものだと思われているかもしれません。

その場合、入社してから困るのはあなたです。

入社していきなりレベル20の仕事を任されても、とてもじゃないけどできませんよね?

自分の今のスキルを正しく伝えるためにも、ポートフォリオとして勉強の成果物を作っておくことをオススメします。

らけ

過去に、スキルが高い人と思われてしまったせいで、入社してから痛い目を見たことがあります。
それ以降は、正しく今のレベルを伝えられるよう気をつけるようにしました。

転職活動に必要な書類を準備する

履歴書

情報を集め、スキルも身に付けることができたら実際に企業の選考を受けてみましょう。

そのためには、まず書類を準備する必要があります。

選考を受けるため、絶対必要になる書類は、

  • 履歴書
  • 職務経歴書

この2つです。

選考に応募すると、ほとんどの企業でこの2つは提出を求められるので、あらかじめ準備しておきましょう。

転職活動に必要な書類の書き方は、「面接でも役に立つ職務経歴書の作り方」で詳しく解説しています。

実際に企業の選考を受ける

面接

ポートフォリオを作って書類の準備もできたら、実際に企業の選考を受けてみましょう。

これまで解説してきた通り、エンジニアの仕事内容の理解し、必要な知識とスキルを身に付けたら、最低限の下準備はできています。

そのため、あとは面接でうまくコミュニケーションが取れるかどうかです。

もし、これまでの準備もしっかりして、面接でもうまく話せているにも関わらず全然内定が出ない場合は、必ず何か原因があります。

考えられる原因は、以下のようなものがあります。

  • コミュニケーション能力不足
  • スキル不足
  • 自分の考えと企業側の考えにギャップがある
  • 自分の考えが定まっていない
  • 書類の書き方がよくない

これらのような原因がある場合、改善しない限りどれだけ選考を受けても、内定までたどり着くことができません。

そのため、できるだけ早く対策を取る必要があります。

対処方法については「転職活動がうまくいかない5つの原因と2つの対策」で詳しく解説しています。

内定が出ても転職活動は終わりじゃない

解決

面接がうまくいって内定が出たら一安心ですよね。

でもちょっと待ってください!

本当にその会社に入社しても大丈夫ですか?

面接のときに聞きたくても聞けないことがいろいろあるんじゃないでしょうか?

例えば、残業や休日数などを質問すると心象が悪くなりそうですもんね。

きつねちゃん

せっかく内定が出たことだし、それくらい気にしなくてもいっか!

なんて思って入社してしまうと、後になって絶対後悔することになります。

そのため、そのような少し聞きづらいような質問は、内定が出てから聞きましょう。

らけ

仕事が順調なときはいいんですが、トラブルなどで少し気持ちが落ち込んだとき、「あのとき聞いておけばよかった」って思いが出てきてしまいます。

入社前に絶対確認しておくべきポイントをまとめたので、後悔しないためにも押さえておきましょう。

もし、後から自分で質問するのが嫌だと思っている人は、転職エージェントを活用しましょう。

転職エージェント経由で選考を受けた場合、そのような少し聞きづらい質問も担当者があなたの代わりに会社へと質問をしてくれます。

らけ

自分から積極的に行きづらいというタイプの人は、転職エージェント経由で応募した方が、気持ち的にも絶対楽ですよ。

未経験からITエンジニアに転職するための流れまとめ

まとめ

未経験からITエンジニアへと転職するための理想的な流れについて解説してきました。

理想的な転職の流れ
  1. 情報収集をする
  2. スキルを身に付ける
  3. 転職用の書類を作成する
  4. 応募して選考を受ける
  5. 条件等の確認を行う

全くの未経験からエンジニアへと転職するのは決して簡単ではありません。

今回解説した通りしっかりと準備をしないと、転職活動を始めてもかなり苦労することになります。

逆に、今回解説した通りしっかり準備をしておくと、かなりスムーズに進めることができるはずです。

なぜなら、実際に私が転職活動中「あのときこうしておけばよかった」と思ったことだからです。

そのため、擬似的な強くてニューゲームができます。

ただし、準備にはかなりの時間がかかってしまうので、できるだけ早く行動することをオススメしますよ。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる