転職のノウハウ

【求職者必見】転職エージェントを使うメリットとデメリットについて徹底解説

【求職者必見】転職エージェントを使うメリットとデメリットについて徹底解説
  • 転職エージェントって使った方がいいの?
  • 転職エージェントを使うメリット・デメリットが知りたいな

このような疑問を解決します。

管理人である私は、今まで4回転職を経験していますが、そのうち3回は転職エージェントを使っての転職でした。

そのため、転職エージェントを使った転職について、リアルな声をお届けできます!

これから転職をしようと思っている方、転職活動中の方の参考になれば幸いです。

【おすすめ】実際に利用した転職エージェント3つを徹底比較
【おすすめ】登録してよかった転職エージェント3つを徹底比較今まで4回転職を経験してきましたが、その度毎回転職エージェントのお世話になっていました。特に転職活動が長引いたときは10社以上の転職エージェントに登録しました。数多くの転職エージェントを使ってきましたが、その中で特におすすめできる転職エージェントを3つ厳選してご紹介します。...

転職エージェントを使うメリット

メリット
 
転職エージェントを使うメリットは、主に以下の4つです。

  • 書類選考を通過しやすくなる
  • 一般公開されていない求人に応募できる
  • 自分に合った求人を紹介してくれる
  • 企業側とスケジュール調整などのやり取りをしてくれる

では、それぞれについて詳しく見ていきましょう。

書類選考に通過しやすくなる

書類選考は基本的に、履歴書職務経歴書の2つで行われます。

転職サイトを使った場合は、そのサイト特有のエントリーシートも選考対象になることもあります。

  • 個人で応募した場合
  • エージェント経由で応募した場合

書類選考がそれぞれの場合で、どのように違ってくるのか見ていきましょう。

個人で応募した場合

個人で企業へと応募した場合、書面でのみの選考になります。

そのため、例えば何か理由があって就業期間が短い場合でも、その理由を伝える間もなく落とされる可能性があります。

転職エージェント経由で応募した場合

転職エージェント経由で応募した場合、経歴などについて補足してもらうことができます。

例えば、何か理由があって1ヶ月で退職した場合、その理由についての説明付きで応募することができるのです。

そのため、個人で応募するよりも書類選考に通過しやすくなります。

ただし、この理由などについては、最初の面談のとき担当者へ正しく伝える必要があります。

ここでうまく担当者に伝わってないと、間違った情報が企業側に行ってしまう可能性があるので注意です。

こちらについては、また後ほど詳しく解説しますね。

一般公開されていない求人に応募できる

転職エージェントでは、一般の転職サイトで公開されている求人以外も扱っています。

また、そのような一般公開されていない求人は、条件のいい場合が多いです。

転職エージェントを使うと、そのような条件のいい求人に応募することができるようになるのです。

自分に合った求人を紹介してくれる

一般の求人サイトの検索条件だけでは、どうしても自分の希望条件で絞り切ることができません。

例えば、

  • 人間性を重視してくれる会社
  • 個人のスキルを重視する会社
  • 仕事の早さが評価される会社
  • 上司と部下との関係性がいい会社

このような条件は求人サイトからは検索できません。

しかし、転職エージェントを使った場合、これらのような条件を担当者に伝えると、その条件も含めて探してくれます。

また、条件を伝えておけば新しく求人が入ってきたとき、その条件に合っていれば一般公開前に知らせてくれるため、少し有利に動くこともできます。

スケジュール調整などのやり取りを行ってくれる

求人サイトや会社のホームページから応募した場合、日程調整などのやり取りを自分で行う必要があります。

一般応募のイメージ
 

何か失礼なこと言っちゃって落とされたらどうしよう・・・

ビジネスメールのやり取りに慣れていない人だと、このような不安がありますよね。

転職エージェントを使うと、企業との間に担当者が入ってくれるので、企業側と直接やり取りをすることがなくなります。

エージェント経由で応募した場合のイメージ
 
メールをやり取りに失敗する心配がなくなり、言いたいことは全て担当者に言ったとしても、その担当者が企業側に伝える際、不利なことは省いて伝えてくれるので安心ですね。

転職エージェントを使うデメリット

デメリット
 

じゃあ絶対に転職エージェント使った方がいいじゃん!

しかし、実は転職エージェントにもデメリットが存在します。

そのため、100%転職エージェントを使った方がいいと言い切れません。

具体的には、

  • 担当者に左右されてしまう
  • 面談でうまく希望などを伝えられないと失敗する
  • 企業側ではなく転職エージェント内で書類審査される可能性がある

このようなデメリットがあります。

では、詳しく解説していきますね。

担当者に左右されてしまう

転職エージェントの担当者の技量に大きく左右されてしまいます。

直接やり取りを行うのは担当者なので、その担当者がこちらのことをうまく伝えてくれるとメリットに働きますが、見当違いのことを伝えられるとデメリットになります。

また、求人選びについても、こちらの希望している職種や条件と少しずれた求人ばかり提示されたりすることもあります。

担当者が優秀だと転職活動自体がかなり動きやすくなりますが、そうでないと逆に動きづらくなってしまいます。

そのため、最初の面談でこちらのことをしっかり伝えるだけでなく、担当者がどんな人なのかを見極めることも重要となってきます。

面談でうまく希望などを伝えられないと失敗する

最初の面談で、こちらの希望や条件を明確に伝えることができると、それに沿った求人を元に活動することができます。

しかし、その希望や条件がうまく伝わっていないと見当違いの求人ばかり提示されることになります。

そのため、最初の面談は非常に重要な場になります。

面談に臨む場合は、

  • 希望条件
  • 転職理由
  • 質問事項

このあたりは最低限しっかり練っておきましょう。

考えなしに面談してしまうと、かなりの遠回りをすることになってしまうばかりか、いざ入社してみたら全然希望と違う所だったなんてことにもなってしまいます。

企業側ではなく転職エージェント内で書類審査される可能性がある

転職エージェントによっては、求人に応募してからそのまま企業へと応募されるのではなく、その転職エージェント内で書類審査を行ってから企業へ応募される場合があります。

そのため、転職エージェント経由で応募したら書類審査で落ちたけど、直接応募したら書類審査に通過したなんてこともあります。

転職エージェントを使った方が100%書類審査に有利になると言えないのは、この部分のせいです。

逆に言えば、もし転職エージェント経由で応募して書類審査に落ちても、一般応募すれば面接までたどり着ける可能性があるということを覚えておいてください。

【おすすめ】実際に利用した転職エージェント3つを徹底比較
【おすすめ】登録してよかった転職エージェント3つを徹底比較今まで4回転職を経験してきましたが、その度毎回転職エージェントのお世話になっていました。特に転職活動が長引いたときは10社以上の転職エージェントに登録しました。数多くの転職エージェントを使ってきましたが、その中で特におすすめできる転職エージェントを3つ厳選してご紹介します。...

転職エージェントを使うメリットとデメリットまとめ

まとめ
 
転職エージェントを使うメリット・デメリットについて解説してきました。

  • 書類選考を通過しやすくなる
  • 一般公開されていない求人に応募できる
  • 自分に合った求人を紹介してくれる
  • 企業側とスケジュール調整などのやり取りをしてくれる
  • 担当者に左右されてしまう
  • 面談でうまく希望などを伝えられないと失敗する
  • 企業側ではなく転職エージェント内で書類審査される可能性がある

100%メリットだけというわけではありませんが、それでも転職エージェントをうまく使いこなすことさえできれば、転職活動の難易度は一気に下がります。

無理に自分一人で頑張ってわざわざハードルを上げる必要はないので、ぜひうまく転職エージェントを活用して、快適な転職活動にしてください。

DODAを実際に利用してみたリアルな感想【求職者は必見!】
DODAを実際に利用してみたリアルな感想【求職者は必見!】CMでもよく見かけるパーソルグループの転職エージェントサービスのDODA。こちらのサービスを使って実際に転職に成功することができました。今回は、このDODAの転職エージェントサービスを実際に使ってみて感じたメリット・デメリットについて詳しく解説していきます。...