【未経験者OK】ネットワークエンジニアに転職する方法【元ネットワークエンジニアが解説】

【未経験者におすすめ】ネットワークエンジニアに転職する方法【元ネットワークエンジニアが解説】
きつねちゃん

ネットワークエンジニアって未経験でもなれる?
ネットワークエンジニアに転職するための方法が知りたい

このような悩みを解決します。

ネットワークエンジニアには、未経験からでも転職することができます。

ITエンジニアの中でもネットワークエンジニアは、未経験から転職するためのハードルが比較的低い上に需要が高いためオススメです。

本記事では、未経験からネットワークエンジニアに転職するための方法について、詳しく解説していきます。

こんな人向けの記事です
  • ITエンジニアになって手に職つけたい
  • 未経験からネットワークエンジニアになりたい
  • 未経験からネットワークエンジニアになるための方法を知りたい

本記事の信頼性

アイコン
らけ

ネットワークエンジニアとして4年間働いており、上流工程から下流工程まで幅広く経験してきました。

  • 上流工程
    → 様々なクライアント相手にネットワーク設計・構築を経験
  • 下流工程
    → Cisco社パートナー企業でテクニカルサポート業務を経験

>> ネットワークエンジニアとしての詳しい経歴はこちら

タップできる目次

ネットワークエンジニアをおすすめする理由

注意点

例えば、プログラマの求人に全くの未経験者が応募しても、まず100%採用されません。

しかしネットワークエンジニアは、全くの未経験者でも採用される可能性が割と高いんです。

なぜなら、ネットワークについてのスキルは、プログラミングと違って現場で学ぶことができるからです。

そのため全くの未経験者でも、入社時にある程度の研修を受けて、そのまま現場で働きながら学ぶというケースが多いんです。

らけ

全くの未経験で入社して、研修で初めてネットワークについて学んだという人を実際に現場で何人も見てきました。

その上、ネットワークインフラは今後もなくなることがないため、需要が減らないんです。

しかも、ネットワークエンジニアは人手不足な状態です。

らけ

以前働いていた現場でも、人手が足りないからこそ未経験でも採用してると言っていました。

これらの理由から、全くの未経験者でもネットワークエンジニアに転職できる可能性が高いんです。

ネットワークエンジニアをおすすめする理由
  • 未経験でもハードルが低い
  • 需要がなくならない
  • 人が足りてない
らけ

ITエンジニアとして手に職つけたいなら、ネットワークエンジニアは狙い目です!

ネットワークエンジニアの仕事内容

ネットワークエンジニア

ネットワークエンジニアの仕事内容は、

  • ネットワークの設計
  • ネットワークの構築
  • ネットワークの保守
  • ネットワークの運用

と、大きくわけてこの4種類です。

一般的に上流工程ほど高いスキルが求められます。(特に設計)

らけ

そのぶん給料も高くなる傾向にあります。

そのため、まずは保守・運用の仕事から取り掛かり、そこで経験を積んで、徐々に上流工程も経験していくのが個人的にはオススメですね。

らけ

実際、私もその流れでした。

ただし、会社によっては保守・運用のみや、構築のみなど、一部の工程のみしか行いません。

その場合は、ある程度経験を積んだらスキルアップのために転職をする必要が出てきます。

1つの会社内で長く働きたいのであれば、設計から保守・運用まで全工程を行っている会社を選びましょう。

ネットワークエンジニアになった後のキャリアパス

ネットワークエンジニアとしていろいろな案件に対応するとスキルがどんどん上がっていきます。

そのままネットワークエンジニアとして上流工程に携わるのもいいですが、ある程度のスキルが身に付いたなら個人的には社内インフラエンジニアへと転職することをオススメします。

なぜなら、社内インフラエンジニアには以下のようなメリットがあるからです。

社内インフラエンジニアのメリット
  • 大企業・優良企業の可能性が高い
  • クライアントを気にせず自分のペースで働くことができる
  • 幅広いスキルを身に付けることができる

ネットワークエンジニアはクライアントのネットワークに関わる仕事ですが、社内インフラエンジニアは自社のネットワークに関わる仕事です。

社内インフラエンジニアになるためには、ネットワークエンジニアとしての現場経験が豊富にあることが必須条件なので、誰でも気軽になれる訳ではありません。

しかし、社内インフラエンジニアはネットワークエンジニアのキャリアアップとしてかなり理想の職業です。

そのため、ネットワークエンジニアになってからも、働きなが今後のことを意識してスキルを磨くことをオススメします。

らけ

今までの現場経験を自社のために発揮できるため、やりがいを感じることができる仕事です。

会社によってはネットワーク以外にもサーバやシステムも管理する必要があるので、全体的に求められる能力が高いです。

ネットワークエンジニアのいいところ

ネットワークエンジニアは、非常にやりがいがあって魅力的な仕事です。

特に元ネットワークエンジニアの私が感じたネットワークエンジニアのいいところは、以下の通り。

ネットワークエンジニアのいいところ
  • 多くのスキルを身に付けることができる
  • 想像するエンジニア像になることができる
  • 給料が高い傾向にある
  • 自宅のネットワークトラブルが怖くなくなる
  • 今までにない経験ができる

仕事でスキルをしっかり身に付けることができますし、その上給料も高いところが多いため、モチベーションも高く仕事に取り組むことができます。

らけ

一度スキルを身に付けたら、どこへ行っても通用するってのも大きいです。

また、自宅で発生したネットワークトラブルに対してすぐ自力で対処できるようになるってのも、個人的にはかなり大きいと感じたポイントです。

ネットワークエンジニアのきついところ

もちろん、ネットワークエンジニアはいいことばかりではありません。

仕事できついと感じたことも多々あります。

私がきついと感じたのは、以下の5つ。

ネットワークエンジニアのきついところ
  • 力仕事
  • 出張
  • 夜勤
  • 原因がわからないトラブル
  • 劣悪環境での作業

これだけ見てもらってもわかる通り、ネットワークエンジニアは結構アウトドアな仕事が多いです。

らけ

会社にもよりますが、仕事の3分の1くらいは外出先での作業になります。

エンジニアと言えばずっとデスク前でパソコンを触ってる印象があるかもしれませんが、ネットワークエンジニアは違います。

そのため、私のようなインドアな人にとってはきついと感じるかもしれません。

ネットワークエンジニアに必要なスキル

スキル

正直なところ、全くスキルがなくてもネットワークエンジニアになることはできます。

それこそやる気さえあれば、採用されることが多々あります。

しかし、全くスキルがないままネットワークエンジニアになってしまうと、入社してからかなり苦労することになってしまいます。

スキルを身に付けておくべき理由

上司

未経験の君は、まず経験を積むためにコールセンター勤務ね。

こう言われてしまうと、もうほぼ終わりです。

ひたすらマニュアル対応のみして過ごすことになってしまいます。

そうなってしまうと、特にスキルが身につかないまま年だけとってしまい、気がつけば転職が難しい年齢になってしまったなんてことになりかねません。

また、スキルがないままスキルが必要な現場に入れられてもきついです。

ネットワークエンジニアには未経験からでもなることができますが、決して楽な職業ではありません。

業務中はもちろんのこと、家に帰ってからも勉強しないと、とてもじゃないけど付いていくことができません。

らけ

大げさではなく、死ぬ気で勉強する必要があります・・・

どっちの現場になってもつらいですよね?

そうならないためにも、ある程度のスキルを身に付けてからネットワークエンジニアを目指すことをオススメします。

身に付けておくべきスキル

ここで言う「ある程度のスキル」とは、CCNA相当のスキルが推奨されます。

CCNA範囲の知識についてしっかりと理解してさえいれば、現場でもかなり役立ちますよ。

らけ

その上、CCNAが取得できれば就職活動にも有利ですしね。

ただ、CCNAは受験料が高いため、受験するのはちょっと躊躇ってしまいますよね。

そんな人は、資格の取得はしなくてもいいので、CCNA相当のスキルを身に付けてください。

らけ

CCNA相当のスキルさえあれば、即戦力のネットワークエンジニアとして採用してくれる会社は多いですよ。

ネットワークエンジニアとして失敗しない会社の選び方

会社

全くの未経験で、ネットワークに関するスキルがなくてもネットワークエンジニアとして就職することは可能です。

しかし、その場合

  • 誰でもできるスキル不要の現場
  • スキルがないままスキルが必要な現場

絶対このどちらかに配属されます。

そうならないためにも、入社前にスキルを身に付けることが大事です。

そして、スキルさえあれば、これらのような現場に配属されることはまずありえません。

スキル不要な現場は単価も安いので、会社としてもスキルがある人をそこに配属するメリットがありません。

しかし、会社によっては経験のために、最初はスキル不要な現場に入れられる可能性はあります。

らけ

現場で働きつつ、業務時間外にCCNA取得の勉強をして、CCNAを取得したら別の現場に配属させるような会社もあります。

そうなってしまうと、最初の1〜2年を無駄にしてしまいます。

そうならないためにも、未経験歓迎を大きく掲げている会社は避けましょう。

未経験からでもネットワークエンジニアに!」と求人を出している会社は、コールセンターのようなスキル不要な現場に配属される可能性が非常に高いです。

狙うべき求人は、「経験が浅くてもOK」な会社です。

きつねちゃん

ネットワークエンジニアとしての業務経験ないのに、そんな会社に申し込んでも大丈夫なの?

確かに不安に思うかもしれませんが、後々を考えるとそれくらい積極的に攻めた方がいいです。

らけ

CCNA相当のスキルさえあれば、現場でも十分通用するので安心してください。

ネットワークエンジニアへの転職方法

ここからは、実際にネットワークエンジニアへと転職するための具体的な方法について解説していきます。

転職サイトを使う

転職活動を進めるためには、まず転職サイトへの登録が必須です。

どのような求人があるのか調べることもできますし、実際求人に応募することもできます。

らけ

まだ転職活動を始めるか悩んでる段階から、情報収集のために登録しておくことをオススメします。

未経験からネットワークエンジニアへと転職したい場合にオススメの転職サイトは、以下の3つ。

ネットワークエンジニアの求人も多く、直感的に使いやすい転職サイトです。

未経験者向けの求人も検索できるので、まずはこの3つに登録しておけば困ることはありません。

らけ

未経験者向けの求人も検索できるので、まずはこの3つに登録しておけば困ることはありませんよ。

他の転職サイトとの比較した結果は以下の記事で解説しているので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

転職エージェントを使う

実際求人に応募するようになったら転職エージェントを使うのもありです。

転職活動のサポートをしてくれるだけでなく、書類の添削や面接練習までしてくれるので、初めて転職活動をする人でも安心。

オススメの転職エージェントはです。

最初のキャリアカウンセリングの時点で実感できると思いますが、自分のキャリアプランについて真剣に考えてくれますし、そもそも今転職すべきなのかも論理的にアドバイスをしてくれます。

らけ

今まで転職活動のたびDODAのお世話になってますが、安心感がすごいです。

未経験からネットワークエンジニアに転職する方法まとめ

まとめ

ネットワークエンジニアは、ITエンジニアの中で未経験からでも比較的なりやすい職業です。

ただし、全くスキルのない状態で入社してしまうと、スキルが不要な現場に配属され、そのままスキルが身につかず、給料も上がらず時間だけが経過していくという悲惨な状態になってしまいます。

もしくは、全く何もわからない状態で現場に配属されて、精神的にボロボロになるかの2択です。

どっちも嫌ですよね。

そうならないためにも、最低限CCNA相当のスキルだけは身に付けてからネットワークエンジニアとしての就職活動に取り掛かることをオススメします。

入社するためのハードルは低いからこそ、入社してからの将来のことを考えて行動することが大事ですよ。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
タップできる目次