転職の悩み

【必見】転職回数が多いと不利になる?実は強みにもなるんです

転職回数が多いと不利になる?実は強みにもなるんです
きつねちゃん
きつねちゃん
転職したいけど、もう今まで何回も転職してるから次の仕事が見つかるか不安だよ
らけ
らけ
たしかに不安になってしまいますよね。
でも、何度も転職を経験しているのは悪いことばかりじゃないんですよ?

一般的に、転職回数が多いとそのぶん次の転職が不利になると言われています。

しかし、実は何度も転職を経験しているということは、それだけ他の人がしていない経験をしているということなんです。

それってかなり貴重な経験なんですよね。

そして、その経験は転職活動に活かすことができるのです。

つまり、一般的に不利になると言われている転職回数の多さを強みに変えてしまおうということです。

では、具体的にどんな強みになるのでしょうか?

本記事で詳しく解説していきますね。

こんな不安を解消します
  • 何度も転職してしまって経歴に自身がない人
  • そのせいで転職したら今より条件が悪くなるのではないかと不安な人
  • 今の仕事を辞めたら次の仕事が見つからないんじゃないかと不安な人

転職回数が多いとなぜ不利になる?

転職回数が多いとなぜ不利になる?
 
そもそも、なぜ転職回数が多いと不利になるのでしょうか?

それは非常にシンプルで、「入社しても、またすぐに転職してしまうのではないか」と思われてしまうからです。

何度も転職を経験していると、転職活動というものに抵抗感がなくなっていきます。

そのため、仕事で何かあったときに「頑張って解決しよう」ではなく「転職しよう」という選択肢を選びやすくなってしまうんですね。

人を雇うためにはかなりお金がかかりますので、せっかく大金を出して雇ってもすぐ辞めれてしまうと大きな損失になってしまいます。

だから会社は辞めるリスクが高い人は雇いたがらないんです。

これが転職回数が多いと不利になってしまう理由です。

転職回数が多いことで得られる強み

転職回数が多いことで得られる強み
 
転職回数が多いと、またすぐ会社を辞めてしまうのではないかと思われてしまい、転職活動で不利になってしまいます。

しかし、転職を何度も経験していると、その転職活動で得ることができる経験があります。

その経験はあなたの強みになるのです。

つまり、不利になってしまう転職回数の多さを、その転職回数で得られた経験でカバーすればいいんです。

具体的に、その例を紹介しますね。

コミュニケーション能力が高い

転職して新しい職場に入ると、人間関係を新たに1から作っていく必要があります。

いきなり全く知らない人たちと仕事するってなかなかハードルが高くないですか?

転職回数が多い人は、転職するたびにこの経験をしているんです。

人間関係を作っていくのに必要なものはコミュニケーション能力です。

つまり、転職回数が多い人はコミュニケーション能力が高いと言えます。

転職活動中にもコミュニケーション能力は必須

入社してからではなく、転職活動中にもコミュニケーションは必須です。

なぜなら、面接で見られるからですね。

コミュニケーション能力が低い人だと、そもそも面接を通過することができません。

そんな面接を何度も通過しているので、コミュニケーション能力の高さは強みと言えますね。

適応能力が高い

転職して職場が変わると、会社のルール指示のされ方などが違ってきます。

そのため、最初は新しい環境に慣れるまで大変な思いをすることになります。

転職を何度も経験している人は、この大変な思いも何度も経験してきていることになります。

つまり、新しい環境への適用能力が高いのです。

この適用能力の高さも立派な強みになります。

いろいろな会社のいい所・悪い所を知っている

会社によって働き方やルールなどは様々です。

そのため、会社によっていい所・悪い所が存在します。

しかし、その会社でずっと働いているとそれが当たり前になり良し悪しがわからなくなってきてしまいます。

つまり、よくも悪くも変化することがありません。

ここで、転職を何度も経験している人がいればどうでしょう?

例えば、

  • 過去に働いていたA社のあの制度を取り入れたらもっと働きやすくなるのではないか?
  • B社が使っていたあの製品を使えばもっと業績を伸ばすことができるのではないか?
  • C社がやっていたあの方法を使えばもっと現場の不満がなくなるのではないか?

このような、他の会社で経験してきたことを今の仕事に活かすことができます。

これは転職を何度も経験してきたからこそできることで、かなりの強みになります。

ただし、注意点もある

ただし、注意点もある
 
転職回数の多さを強みにするとしても、やはり限度はあります。

4〜5回くらいの転職であれば、転職回数の多さというマイナスイメージをうまくカバーすることができるでしょう。

しかし回数がもっと多く多く、しかもそれぞれの就業期間が短かったりすると厳しいかもしれません。

特に短期間で転職を繰り返してしまうと、コミュニケーション能力・適用能力どちらも強みになりませんし、その会社のことを知ることもできないため、強みに変えることすらできないですからね。

そのため、会社を辞めるとしても、その会社で何かしら成果を出してからにしましょう。

何でもいいので成果さえあれば、それを面接で話すことでマイナスイメージを払拭することができます。

必ずしも仕事の成果である必要はありません。

仕事を通じて新たに学んだことがあれば、それは成果です。

例えばエンジニアであれば、「新しくこんな技術を学んだ」は立派な成果です。

転職したいけど今の職場で何年我慢すればいい?【退職時の悩みを解決】
転職したいけど今の職場で何年我慢すればいい?【退職時の悩みを解決】転職したいと誰かに相談すると、3年間は我慢するべきって言われますよね?しかし、今までの経験上その我慢は必要はないと考えます。その理由について詳しく解説していきます。また、転職したいとき失敗しないための考え方についても解説していきます。...

辞める前から転職活動を始めた方が安心

辞める前から転職活動を始めた方が安心
 
もし転職回数が多くて、転職先が見つかるか不安という方は、仕事を辞める前から転職活動を始めて、転職先が見つかってから辞めることをオススメします。

転職活動は仕事をしながらでもできるので、空白期間を作らずに転職することができます。

空白期間が長いと、これも転職活動で不利になってしまうので注意しましょう。

転職活動は働きながらすべき?退職してからすべき?
転職活動は働きながらすべき?退職してからすべき?転職活動は働きながらするべきなのか、それとも辞めてからするべきなのか悩んでいませんか?転職活動を4回経験しており、その中で働きながらの転職活動、辞めてからの転職活動どちらも経験してきた私が、その悩みを解決します。これから転職活動を始める方はぜひ参考にしてください。...

まとめ:転職回数の多さを強みに変えよう

まとめ
 
一般的に、転職回数が多いと不利になると言われています。

しかし、その転職の経験というのは貴重なもので、強みにもなります。

  • コミュニケーション能力が高い
  • 適応能力が高い
  • いろいろな会社のいい所・悪い所を知っている
きつねちゃん
きつねちゃん
転職回数が多いから今より条件のいい会社に転職できない

なんて思わないでください。

これまで経験してきたことは、決して無駄になりません。

見方を変えれば、どんな経験でも強みに変えることができるので、諦めずチャレンジしてみてください。